スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震

2011–03–31 (Thu) 06:49
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

とりあえず俺は無事でした。
俺の住む東京でも震度5弱か強が観測されました。
とりあえず住処はとくに倒れてやばいものとかは置いてなかったので、細かい書類等が落下した程度でした。
モニタとかめっちゃ揺れてて倒れるかな~と思いながら布団にへばりついてました。

やはり地震大国と言われるだけあって、地震の「揺れ」に対する対策はしっかりと取れていたように思います。
今回は日本での観測史上最大の地震でありまして、倒壊等が多数起きても仕方が無い面もあると思いますが
被害としては最小限だったのではないかと。
これまで大事になってるのは「津波」と「二次災害」ですよね。

津波については、現時点でわかっているのは最大13mが観測されたということ。
防波堤も破壊されて意味はありませんでした。
防ぐにはもっと強く、高い防波堤が必要だと思われます。

ただ景観の問題や、漁業等の影響も考えられますし、一概に強く、高くすれば解決するってわけではありません。
重要なのは、想定外の地震が起きたときに、如何に住民を避難させることが出来るかです。
物は再び作ることは出来ますが、人命は無理です。
緊急地震速報の制度の向上、避難経路の確保、住民の意識の向上、そしてそれらをより多くの人に正確に伝える連絡手段の確立。これが重要なのではないかと。

また、二次災害については火災や食料、ガソリン関連とかですが、特に問題なのは福島第1原発についてですかね。
「直ちに影響の出るレベルではない」
が流行語大賞になるんじゃないかっていうレベルで発言されてますが、実際どうなんでしょうかね。

個人的に放射能関連の事をいろいろと調べましたが、確かに「直ちに影響の出るレベルではない」っていうのは当てはまると思います。
簡単に説明すると、「放射能」っていう言葉はかなり曖昧なわけでして、実際には「放射性物質」と「放射線」でしっかり区別した方が理解が深まるかと思います。

「放射線」というのは「放射性物質」から出るものでありまして
人体に影響がでるのはどれだけ「放射線」を浴びたのかによります。
ただ単に放射線を浴びるのは「外部被爆」
危険なのは放射性物質が体内に入って、それから放射線を出し続けられてしまう「内部被爆」です。

外部被爆についてはしっかりとした対策をすればある程度防ぐことは出来ますが、内部被爆の場合は体内で放射線を出し続けられるので、常に被爆してる状態になります。
しかし放射性物質には「半減期」というものがあって、その期間になれば放射性物質は違う素粒子に変わる、もしくは崩壊します。
つまり出される放射線は言葉の通り半分になるわけですね。その後もどんどん放射性物質は崩壊していきます。
また少なからず排泄で減ります。

今回良く言われているヨウ素131は約8日です。
もう避難勧告が出されてから既に8日以上は経ってるはずですので、内部被爆の影響は現在はあまりないと思われます。
つまりしっかりと対策していれば心配する必要はありません。現時点では。
プルトニウムの何番かは忘れましたが、それの半減期は200日以上とかその辺なので、かなり長いです。
そこは注意しておきたいところですね。既に少量土壌から発見されたとの事ですが・・・

今後も政府や東電の発表に注意してしっかりと対策していれば大丈夫でしょう。
しかし、なかなか信用が置けないっていうのも分かる気がします。
その理由の1つが流行語大賞ですよ。「直ちに影響の出るレベルではない」

確かにその通りではあるでしょう。
しかし政府や東電は今回の原発事件の収束の目処については「現時点では立てる事が出来ない」って言ってますよね。
俺が言いたいのは、解決の見通しが立たない、つまり長期化する可能性があるにも関わらず、危険度を「直ちに影響の出るレベルではない」ということで判断しているんじゃないだろうな?という疑念です。

政府も東電も「長期化した場合の影響」については一切発表してませんよね。
放射能関連について調べた限りでは、ある程度長くなってもさほど影響が出るとは思えませんが
その「長さ」も色々ありますよね。何十年っていう単位なら少なからず影響が出てくる可能性はあると思います。
もちろん漏れ出る放射線の量にもよりますが。

また、避難勧告の範囲、屋内退避の範囲が結局広げることで訂正しましたよね。
今回は結局人体に影響がでる事件には発展しなかったですが(事故当時)
もし大爆発とか起きてたらどうなってたんですかね。
人命を第1に考えるならば、避難による様々な影響があったとしても、状況が不明な場合は「最悪の事態」を想定して避難範囲を取って、状況が判断出来た時点で影響の出ない範囲まで縮めるのが妥当だったんじゃないでしょうか。
その時に状況が判断出来てたのだとしたら別にかまいませんが、結局計測器等が壊れて原子炉内部の状態がわからんとか言ってましたよね。判断できてたんでしょうか。
俺は各地域で観測された放射線量で判断して、徐々に広範囲で強い量が観測され始めたから広げたんじゃないかと思います。
つまり「現時点でのレベル」で判断してたんじゃないの?とね。

長くなりましたが、特に煽ってるつもりもないし、信用できねぇよ!ってキレてるわけでもありません(笑)
俺はこれからも政府や東電の判断に従っていくつもりですし、批判するつもりもありません。
それぞれの内部の事情も何一つわからないですし、原発や地震等の専門的な知識があるわけでもありません。
一人の一般市民が勝手に判断するよりも、従ったほうが良いでしょう。

ただ思うのは、信用がなかなか置きづらい点や、津波、地震関連でも言いましたがやっぱり「情報」が大事だってことですよ。
「情報」といってもインターネットに限定してるわけではありません。地震や津波で電波局がやられるかもしれないし、被災地ではケータイ使えなくなっちゃったり色々問題があるわけですよね。テレビやラジオも。
重要なのは、手段の多様性と確実性です。情報化社会でかなり依存傾向にありますが、場合や状況によってはアナログな手段に戻ることも必要です。そのあたりが今回の大震災で学ぶべき課題なんじゃないでしょうか。

政府等に信用が置きづらいのも、近年は国民が知りたい「情報」が発表されない、情報が右往左往してる部分があるところですよね。
尖閣諸島の問題も、結局お蔵入りになりそうですね。
選挙もそうです。前に民主党がまるで人気取りのような人選(谷良子氏など)で選挙やってましたが、国民は立候補してる人がどれだけ政治的能力があるのか、その人を当選させることでどのようなメリット、デメリットがあるのかが知りたいはずです。
そういう肝心な情報はあまり伝わってはきません。そんなんじゃ投票率が下がるのも当然ですよ。情報が無くて判断すらできないんですから。

国民はお偉いさん方が思ってるよりバカではないはず。
遊び呆けて留年したりしてるバカな俺でさえ、こうやって発表を元に色々調べたりして考えてるんだから。
パニックが起きるかもしれないから発表を控えたとか、そういうんじゃなくて信用してみてくださいってことですよ。
もちろん少なからずその懸念は当たるでしょう。今回の買占め騒動や、スギ花粉の塊を放射性物質なんじゃないか!とか問い合わせが殺到したりだとか、かなりアホなやつも居ますが。

でも、それについてもしっかり訂正してくれる国民も同時に居ます。有名人やマスコミ、ジャーナリストなどなど、そういう真実を伝える方々が居るんですから。影響力が少ない一般人でも、ご近所さん宛てやmixi、twitter等での情報発信くらいは出来ます。
そして、そういった役割をしっかりと機能させるために報道機関や一般人の「モラル」が重要ですよね。
つまりは一人一人、しっかりとやっていかなくてはならない国全体の問題だと思うわけです。

公務員を目指してる俺は、地方か国家かまだわかりませんが、規模に関わらずそういった需要のあるかつ正確な「情報」をしっかりと発信していけたらなと思ってます。
ただ日本という国は「内部告発」に対してものすごく否定的な考えが強いのが残念です。
尖閣諸島のビデオを公開した人も、多くの国民に感謝されたはずなのにその人自身は仕事辞めさせられたわけですよね。
ある「情報」を発信したことで、マイナスの影響が出たのだとすればむしろ当然でしょう。デマ流したとかね。
ただsengoku38さんの件については意味が分かりません。ただでさえ情報を公開しなかったことで不信感が出てるというのに、そういう真実を明かしてくれる人物を辞めさせるってことは、今後隠そうとする事態になったときに明かされるのが困るからですよね。
さらに不信感が高まるわけです。その行動だけで。目先のメリットにしか目がいってないね。

「情報」を発信したいっていう人はまだまだ沢山いるはずです。
でもこういった日本の特徴からなかなか発信できないんでしょうね。
結局は我が身に帰着しますから。我慢するか、我が身を削るかなんです。
こういったところを内部から変えていきたいなとは思いますがね・・・。
俺も我慢する側に回るんだろうか。

それが大人になるってことなのだとしたらちょっと悲しい。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

軍曹閣下

Author:軍曹閣下
まぁなんとなく。

しべりんじゃー

FC2ブログランキング

おすすめの本

お世話になってます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。